トップページ
>
園の動物たち

園の動物たち

 

さくらいこども園ではたくさんの生き物を飼育し、小さな動物園のようです。
2歳児のクラスからその年齢に応じてお世話をしています。

 

 
シェトランドポニー(H11年5月20日生まれ)
名前は「さくら」と言います。平成14年に北海道からやってきた女の子です。
とてもおとなしく、園児はもちろん地域の子ども達にも大人気です。年長児が毎朝お世話をしています。お誕生日にはさくらに乗った写真をプレゼントしています。

 

トカラヤギ(雑種)
女の子で名前はハイジと言います。ヤギですが角はありません。とてもおとなしく手からエサを食べるので子ども達は大喜びです。4歳児クラスがお世話をしています。
 
ネザーランドワーフ
ピーターラビットのモデルになったとも言われているうさぎです。
3歳児クラスがお世話しています。
 
モルモット
2歳児のクラスがお世話しています。少し怖がりですが、よくなついています。オスが2匹います。

 

 

セキセイインコ
オカメインコと一緒に飼育しています。色とりどりの美しい羽をもっています。
 
オカメインコ
ほほに紅をさしたような模様が特徴のインコです。オスばかりでお嫁さんを募集中です。
 
ナキアヒル
名前はガーコです。19年生きた初代を引き継ぎ2代目です。少し臆病なところがあります。

 

イシガメ

平成22年に子どもと登山中に見つけました。なにかの動物に襲われたようで前足のツメがありません。

 
錦鯉
昭和三色、紅白です。60cm以上あります。
 
地域の川の魚たち
ヤリタナゴ、タモロコ、オイカワなど10種類の魚が泳いでいます。

 

 

ツキノワテリムクドリ
アフリカに生息する鳥です。20年以上飼育しています。老齢のため、目が見えなくなっています。
 
グリーンイグアナ
19年生きた初代にかわり2代目です。大きくなると100cmを超えます。野菜や果物を食べ、寒さに弱いので事務所で飼育しています。
 
ヨウム
アフリカ原産のオウムです。もの覚えがとても良く、いろいろな言葉や音をまねします。

 

保育室で飼育している金魚たち。

ランチュウ
 
 
トサキン