トップページ
>
2018年11月の園日記

2018年11月の園日記

2018/11/30 おつかれさまですっ!!

 今日は恒例のぞうぐみ(4歳児)の親子登山の日でした。 子ども達のうれしそうな顔と保護者の微妙な顔が好対照で、留守番である私は、とてもとても楽しい気分になれました。 山登りに同行するたび、この園日記でぼやく事が多い私ですが、今日は保護者の皆様と気持ちを共有出来たのではないかと思い、うれしいです。 ねぇ、午前のお散歩コースでも、結構しんどいでしょ? これを真夏に行ったり、真冬に行ったりするんですよ。 ねぇ。ねぇ。大変でしょ。 ぼやく気持ちもちょっと分かっていただけるでしょ?

2018/11/29 小麦粉粘土ケーキ!

今日のわんぱくクラブは、感触あそびで盛り上がりました。

小麦粉粘土というオーソドックスなあそび道具なのですが、目の前に用意された粘土を見るなり、「えええ~っなんなんこれ?」や「わ~~~ったのしそう!」という表情が、見られました。お母さん方は、とても素晴らしい笑顔で子ども達と共にあそぼう!って誘ってくださり良い感じ。すぐさまあそびが、始まりました。

丸めて、伸ばしてケーキを作って・・・あっという間に時間が過ぎていきました。はじめは抵抗していたお友だちも楽しんで可愛いケーキをつくりあげましたよ。

 

  

作ったケーキは、おうちに持ち帰りまた、変身を遂げることでしょう。いっぱい、楽しんでいるかな?

2018/11/28 目が泳ぐ・・

 今日、園庭に出ていると、ある女の子が「〇〇ちゃんがサンタさんに砂かけてた!」と言いに来ました。どうも、男のが園庭に置いてある電飾のサンタクロースに砂をかけてたようです。 でもその男の子は「やってない!」の一点張り。そこで、「どっちが正しいか、わかんないから、おまわりさんに来てもらって捜査してもらおう」と電話をかけるふりをすると、その男の子の目が泳ぐこと、泳ぐこと・・。 やっぱり子どもはかわいらしいですよね。最終的には「うそ言ってた・・・」と伝えに来ました。人はうそをつくとき、何歳くらいから目が泳がなくなるんですかね? なんにしろ、いたずらしても小さな子どもには罪がないです。

2018/11/27 作品展のご案内

お遊戯室にたくさんの絵画や作品が、集まってきました。11月29日(木)~12月1日(土)の3日間は、作品展が催されます。その為の準備に朝から大忙し!まだ全部の作品がそろったわけでは、無いですがチラッとご覧にいれましょう。

 

  

これは、ほんのほんの一部です。それでも楽しそうなにおいが、しませんか?どうぞ、作品展が始まりましたらご家族揃っておいでください。

2018/11/26 クリスマス装飾

 年々、付けるのが憂鬱になるクリスマス装飾を今年も付けました。 作業中、二度ほど背中がつり、一度足がつりました。屋根に登るたび、ぶざまに落ちる自分の姿を想像してしまい、無用な力が入っちゃうんですよね。 毎年言ってますけど、ディズニーにしろ、USJにしろ、可愛らしいもののほとんどが、おじさん及びその周辺で作られてるんです。 街でかわいいクリスマス装飾を見かけたら、その裏で汗だくになって作業してるおじさんを想像してあげてください。・・・かわいさが半減しますから!

2018/11/21 恵まれた仕事?

 世の中にはいろいろな職種がありますが、この仕事は恵まれてると思うんですよね。 写真はばんびぐみ(0歳児)の子どもが園庭で遊んでいる姿です。 フラフープの輪の転がるのを見て喜んでいるだけなのですが、なんとも可愛らしくて心なごみます。 昔、サラリーマンをしていた時は、日々数字との闘いで、仕事中に心が和むことなんかなかったですもんね。昔勤めていた先生が「この仕事、ほんとうにいい仕事です」というので、理由を聞くと「仕事中に爆笑できる仕事、他にないでしょ?」と言っていたのを思い出します。 そうなのに、どうしてこうも保育不足なんですかね? マスコミが事あるごとに、きつい仕事って紹介するからですよ。もっと良い部分を報道してくれれば、助かるんですけどね。

2018/11/20 童謡、唱歌

事務所にいると2階の保育室から♪ふ~けゆく~、あきのよ~ とか♪だ~れかさんが、だ~れかさんが・・・とか♪し~ずか~な~、し~ずかな~ などなんとも優しい旋律が、耳に響いてきます。

今日は、音楽指導の日。岡本先生に日頃の練習の成果を見せなくちゃ!と4歳児ぞうぐみ、5歳児きりんぐみの子ども達が、張り切って歌っている歌です。園では、普段から童謡、唱歌にも取り組んでいます。

昔の言葉や情景が、盛り込まれていて大人の私たちには、懐かしく良い響きですが、さて子どもたちにはどんなふうに伝わっていることやら・・・・と思っていました。

しかし、先日4歳児の生駒登山に同行した時のこと、山の木々が色付いて「きれいやね」と言ってたら誰ともなく♪まっかだな~ と歌っていました。根源は、副園長だったのですが、そこから旅愁・小さな秋と延々歌い続けていました。時折、メロディオンで練習している♪鉄腕アトム なども入りますが、子ども達の可愛い優しい声で歌われる童謡・唱歌は、いいなぁ!と改めて思いました。これから発表会に向けてまたどんな歌が聴こえてくるのかとても楽しみです。

 

2018/11/19 呼称・・・

 私は園内では苗字で呼ばれないので、子ども達もなんと呼んでいいのか?若干、混乱するようです。 えんちょうせんせい、ふくせんせい、ふくえんちょうせんせい・・ぐらいが最も多いですが、最近、ぱんだぐみ(3歳児)の子どもに「おもしろいおっちゃん」と呼ばれるようになりました。 まぁ、元々、先生と呼ばれる柄じゃないですし、なんか自分にぴったりくるようで気に入ってます。しかし、先週くらいから、「変なおっちゃん」と呼ばれ出しました。やめて欲しいなぁ・・変なおっちゃんは。時節柄、いろんな事件もあるんで・・変なおっちゃんはマズイです。子どものことなんで、そのうちまた変わるんでしょうけど、ぜひご家庭でも、「あの人はおもしろいおっちゃん。変じゃない」と言って聞かせてください。

2018/11/16 お誕生日会

今日は11月生まれの子どもの誕生会でした。 給食はグラタンとミートボールとかぼちゃのサラダです。私はチーズがかかった食品が大好きでして、ドリア・グラタン・ピザ・カルボナーラなど好物です。 子どもと一緒に給食を食べていると、意外とグラタンが嫌いな子どもって多いんですね。前に、カレーライス・コロッケが嫌いな子どもの事を書きましたが、いよいよハンバーグ最強説は確かなものになったような気がします。誕生会なんで、全員が大好きな物が良いのですが、全員が好き!となるとハンバーグしかないようです。 毎月の誕生会メニューはハンバーグにしちゃダメですかね? どうも誕生会のメニューできらーい!って言っている子どもがいるのはなんか嫌なんですよね。

2018/11/15 第2期わんぱくクラブ始まりました

今日は、わんぱくクラブの第2期の始まりでした。12組の親子が集まって色々な遊びを楽しみました。

 

  

親子でごっこ遊びを楽しんだり、自己紹介コーナーでは、お母さんが子育てに奮闘する様子を話してくださりみなさんが、「わかる~」と共感のハーモニーが起こったり、一日目にして距離が、近づいたようでした。

子どもたちもおやつもパクパクっとたいらげてしまい、いいスタートが切れたかなと感じました。

今日は、ごっこ遊びや運動で一日があっという間でしたが、次回からはゆっくり、じっくり楽しみたいと考えています。

 

2018/11/14 生駒登山

 今日はぞうぐみ(4歳児)の生駒登山に同行しました。 園を出発して帰ってくるまで10キロメートルくらいはありますかね? まぁ、なんにしろ4歳児のクラスには、なかなかハードな行程でした。今年のぞうぐみはアトムを主軸に導入をしてまして、今回の生駒登山ではアトムのためにガソリンを探すということだったようです。詳細を知らない私にはチンプンカンプンで、要所要所にガソリンに見立てた色水が隠してあり、子ども達はそれを見つけるたび大喜びしてました。 結局、一人も泣くことなく元気に帰園出来たので、ぞうぐみの大きな関門は見事クリアした。ということになります。

2018/11/12 野菜嫌い

 こども達と給食を食べていると、食べ終わるのが遅い子どものほとんどが野菜で苦労しています。まぁなんせ、園の給食は野菜が多いですから。 私も子ども頃はほんとに野菜が嫌いで、小学校の頃は「ヤギやないねんから、草なんて食えるか!」と本気で思っていました。いつからですかねぇ・・しいたけ・エノキ・しめじ・マイタケ・トマト・ひじきを除く、いろいろな食材がたべられるようになったのは(えっ!嫌いな物多いですか?)。今日も野菜を前に固まっている子どもに「大人になったら食べられるから、大丈夫。 それに大人になれば避けて通れるから・・」と励ましました。

2018/11/09 園外保育の日

今日は園外保育の日でした。ぱんだぐみからきりんぐみまでみんなして天王寺動物園へ行く予定でしたが、あいにくの雨。中止となりました。 前の高見山登山の時にも書きましたが、晴れろ!と思うと雨が降り、雨降れ!と思うと晴れます。まぁ人生なんてそんなもんだとは思いますが、子ども達は楽しみにしていたので、なんだかなぁ~と思います。次の天気を気にする行事は、ぞうぐみ(4歳児)の生駒登山。なんとか気持ちよく晴れてほしいものです。

2018/11/07 伸び盛り・・

今日はぞうぐみ(4歳児)の子ども達と山登りに行ってきました。 元々は山登りが嫌で泣き出す子どもが多いクラスだったのですが、運動会以降、もうめちゃくちゃ元気に山を歩きます。今日も、山の中にある管理道というアスファルトの道に出た途端、ずっと走ってました。 なんか、子どもが強くなっていくたび、こっちが弱っていくように思えて、栄枯盛衰、諸行無常などの言葉が脳裏をよぎり、歩きながら思わずお経を唱えてしまっていました。こうやって子ども達は未来に向かっていき、私は極楽浄土を目指すのです。 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。

2018/11/06 ほんわかほっかほか

  

今日の園庭は、こういう風景で溢れていました。5歳児きりんぐみの子どもたちが、思いついて1歳児うさぎぐみさんの遊び相手をしていました。大きな行事も終わり、余裕のきりんぐみの子どもたち大好きな小さいクラスの子どもたちにべたべたしに行ってます。こんなことをしている中から未来の先生が、出てきたらいいなぁ・・・なんて思ってしまいました。

 

  

そして これはお迎え後の風景です。今週から1週間、4歳児ぞうぐみは、お母さんと一緒に竹馬練習してもいいですよ!といわゆる夕練コーナーを設けています。お母さんと二人三脚で頑張っている様子を5歳児きりんぐみの保護者が見つめています。「なつかしいわ~去年の今頃こんなんやったよね~」と口々にとても暖かい笑顔のエールを送っているふうでもありました。これもさくらいの伝統の1シーンなんですね。

2018/11/02 やっぱり気持ちは大事です。

運動会が終わってから、毎日少しづつ竹馬の練習を始めたぞうぐみ(4歳児)さん。女の子の何人かが乗れるようになりました。 しかし、男子は0人。そこで今日、ある男の子に「男子で1番になるぞ!」と声をかけ、大声で応援していると、すぐ乗れるようになりました。 やっぱり、モチベーションは大事なんですよ。 話しは変わって、昨日の高見山登山。 事前にあれほど嫌がっていたのに楽に登ることが出来ました。これは前日に担任の先生から「そんなに嫌なら、ついてこないでください!!」と怒られたからです。怒られた後「いやいや。行きたい訳やないし。行かなくていいなら、そのほうがいいし・・・」とウダウダ考えてたのですが、「わかったよ! 全力で子ども楽しませたるからな! おぼえてろ!!!!」と思ったわけです。だから昨日は元気いっぱい、子ども達とワイワイ登ってきました。 結局、気持ちなんですね。 どうです? うちの担任は子どものみならず、おじさんをもやる気にさせる凄腕だと思いませんか?

2018/11/01 高見山登山!大成功

今日は、5歳児きりん組が、恒例の”高見山登山”に挑みました。高見山は、東吉野に位置し、関西のマッターホルンともいわれる標高1248.9mの山です。朝7時に集合し、出発!少し寒いかな~、大丈夫?なんていうお母さんの心配をよそに元気にでかけて行きました。

なんせ自慢の健脚を持つきりん組ですから、今までの記録をまたまた更新!それも難なくやっちゃうものですから元気元気。楽しんで全行程を乗り切ってしまいました。

自信に満ちた表情の記念写真を撮ることができました!

 

  

「すごい高いな~」「どの山より高いで!」と周りの山を見下ろしながら景色を楽しみました。

「た~か~み~や~ま~」で全員やったぜポーズ!ねっ、いいお写真でしょ!