トップページ
>
2019年2月の園日記

2019年2月の園日記

2019/02/28 ひと雨ごとの春

 今日は、一日中雨で子どもたちも戸外を見る目が、うらめしそう・・・

この雨が、春を運んでくるんだよ~なんて通じない。

でもね、花壇の蕾がうんと大きくなり、梅の花も一層大きく開こうと真っ赤な花びらを広げています。

 

 

明日が、晴れたらきっと「あたたかいね~」「春だね~」なんて言いながら花壇の花に気づいてくれるのかなぁ・・

2019/02/27 今年のインフルエンザ

 今年のインフルエンザは変です。 同じA型に2度かかる子どもが複数出てます。 同じ型には2度かからない。っていうのが、私たちの常識だったと思うんですけどねぇ。 だって、ワクチンの接種って、そういうことでしょ? 実はA型じゃなくC型みたいなのが発生してるんじゃないだろか? 保護者の皆様。気を付けてください。 どうも、今年のインフルは難敵のようです。

2019/02/26 本気あそび

   

4歳児ぞう組が、ドッジボールをしていました。音が再現出来たら、聞かせてあげたいくらいバン!とかボコッとか激しい音が、ボールとともに飛び交っています。いつの間にか力をつけてボールに向き合う姿が様になってきました。きゃ~っとただただ逃げ回っている子もちょっぴりいますが、多くは、相手のボールを受け止めようと必死!無念にも受けそこなったりすると悔しそうで・・「すごい!○○ちゃん」とかいわれて立ち直っていました。

こんなことが、できるようになったのも日ごろの担任たちとする本気ドッジボールの効果?

鬼ごっこにせよ、ドッジボールにせよいつも本気で遊んでくれる大人がいると子どもはいつの間にか学ぶのでしょう。

子ども相手に大人げない・・・かもしれませんが。

子どもたちの仇は、先日の参観日でお父さんたちが、しっかりととっていましたから大丈夫!

お父さん、お母さんも本気であそんでくださいました。

2019/02/25 忙しい季節の始まり

 2月も残すところ、あと4日。 恐怖の3月が始まります。 なんせ、1年の仕事の3割以上が3月に集中するんですよね。 そういえば、来年度は平成31年度で良いんだろか? 1か月で年号変わっちゃうけど。 2019年度って言うのもしっくりこないけど、しょうがないですよね。 2019年度まで、あと1か月。 やることいっぱいあるー!

2019/02/22 参観日

 今日は参観日でした。 私、うっかり忘れていたんで、朝から、なんか子ども達がウキウキしてるなぁと不思議だったんですよ。いつもは家族と離れて園生活を送っている子ども達。まぁ、それはそれで楽しそうに一日を過ごしているんですが、今日の子どもの姿を見ると、やっぱり我慢してるんやろなぁと思います。子育てが大変やぁと悩んでる方もいるかも知れませんが、子どもはね、なーんも考えずに、ただ単にお母さん・お父さんが大好きなんですよ。だから、あれこれ考えず、子どものことを好きでいてあげれば、それでいいと思いますよ。

2019/02/21 お別れの季節

 2月もあとわずか・・・園の梅の花が咲き始めると次は、いよいよ杏の花が咲いて卒園の季節がやってきます。

今日は、今月で転園していく子どものための集会が、行われました。未だ,年少クラスなのであまりわかっていないのか送るほうも送られるほうもケロッとしていました。しかし、階段で5歳児きりん組の子どもは、「もうすぐしたら1年生やから、○○ちゃんもお別れやで、せんせい~」って言ってました。お別れというキーワードは、少し禁句になっていたのでしょうか?女の子たちは、ちょっと神妙な表情になっています。男の子は、「そやで!○○小学校へ行くねん・・」とあまり気にしていない感じでしたが。

どちらにせよ、最近、聴こえてくる歌や言葉が、季節特有のものになり寂しい限りです。

転園していく子どもの健康と卒園していく子どもたちの未来が、ともに明るくありますように。

2019/02/20 アルピニズム・・

 私、高校・大学と山岳部におりまして、その頃の山登りというと、単純に山頂に立つというよりは、より難しいルート、より厳しい季節に登ることが優先されていました。 アルピニズムって言うんですかね? より困難を求めると言いますか・・。今日は園外保育の日。私はぞうぐみ(4歳児)に同行し「ぼくらの広場」まで行ってきました。この山登りはアルピニズムにあふれた登山でした。 園から「ぼくらの広場」までの行程を全て遠回りで行くというロマン溢れる登山でした・・・・。私、山登りの時、「この道から行きや」とかあんまり指示しないことにしてるんです。そんで何にも言わないもんだから、担任達は、まぁそれはそれは、遠回りの方、遠回りの方に進路を選択し、たっぷり歩かしていただきました。ほんま、ええかげん道覚えなさい! 子どもは元気やったけど、私は疲れ果てました!

2019/02/18 うちじゃないです。

 只今、園は異臭に囲まれています。 小さな子どものいる施設なので、子どもの粗相かな?と最初は思ったのですが、違います! 近所の畑で肥料をまいたようで、その匂いが立ち込めています。 園は畑・田んぼに囲まれた場所に立地しているので、住宅街にある施設に比べ利点が多いのですが・・・さすがに厳しいです! うちじゃないですよ。肥料ですからね。保護者の皆さん、少し我慢してください。

2019/02/15 おかわり!

 今日は、久しぶりに山登りに行って給食が遅くなったぞうぐみ(4歳児)の子ども達と給食を食べました。私が早々に食べ終わり、「さぁ~! いらっしゃい!」とおかわりの置いてあるテーブルで声を張ると、次から次に子ども達がおかわりにやって来ました。「まいど!」 「まいどあり!」「みそ汁1杯!」と大衆食堂のように声をあげて、おかわりを入れたことが子どもには楽しいかったようで、普段おかわりに来ない子ども達もたくさんやってきました。 あっ! そういえば、子どもがおかわりに来た時に「みそ汁1杯1000円ね!」などと言って、渡しましたが、おみせやさんごっこですので、家で子どもが「金品を要求された」と言っても信じないでください。なんにしろ、にこにこ笑って、たくさんご飯を食べる子どもの姿は、なんともいいものです。

2019/02/14 わんぱくクラブ第2期修了式

 今日はわんぱくクラブ第2期の最終日。設定保育の運動あそび~おやつ~修了式まで盛りだくさんのメニューを一気にこなしていきました。

 

 

 

 

最後に一人ずつメダルをかけて”見てみてポーズ!”を決めている子どもたちは、自信満々!初めて来たときの様子とは全く違って落ち着いていました。お母さん方もたくさんのお友達ができたと喜んでくださって私たちスタッフもホッとしました。また、是非遊びに来てくださいね!

2019/02/13 雪遊び

 毎年恒例の雪遊びに行ってきました。 今年は若干雪が少なめでしたが、天気が良く暖かで子ども達も目いっぱい遊んでました。 私は先生達に大量の雪をかけられ、もう少しでゲレンデに生き埋めにされそうになりました。 確かに何度か、子ども達に命じられ、そりに雪を詰め込み運搬している途中で足を滑らせ、たまたまそこにいた先生に雪をぶちまけるということがありました。しかし、あくまで事故なのに、それを恨んでの犯行だと思います。 ほんと、油断大敵な世の中になりました。 皆さんも日々十分にご注意ください。

 

2019/02/12 一歩前進!

2月9日(土)に第4回の生活発表会が、無事に行われ、子どもたちは、その出来栄えをたくさん認められたのでしょう、どの子もニコニコ顔で自信があふれているように感じます。残念ながら病気で欠席しなければならなくなった子どもも保護者が、書いてくださった連絡帳のほめたたえられた言葉から喜びを共有しあえたようでした。

一生懸命になって打ち込んできたことを大きな舞台の上で発表する!この経験が、次の学年への大きな翼になるように感じます。

はじめは、難しいなと思ったこともいつの間にか楽しく終わらせてしまった子どもたちは、次の課題にどんなふうに向かっていくんだろうかと楽しみです。

 

  

無邪気に外遊びを楽しむ子どもたち、まずは一歩前進です。

2019/02/08 明日は発表会

 明日はいよいよ発表会です。 こども達は一生懸命練習してきました。 先生達も一生懸命ピアノの練習や針仕事をしてきました。 保護者の皆様もぜひ一生懸命に鑑賞していただき、一生懸命拍手をしてあげてください。なんにもしてない私が言うのも変なんですが、よろしくお願いいたします。

2019/02/05 ぽかぽか陽気

10時を回った頃から日差しは、春!ぽかぽかとお日様が、園庭を包みだしました。当然のことながら 園庭には色とりどりの帽子の花が咲き、楽しそうな子どもたちの声が、弾みだしました。

生活発表会が、迫ってきてインフルエンザの流行が懸念され先生たちは、心中穏やかではないはず・・・でも子ども達の笑顔とこの陽気には、心もほどけて一緒に にこにこ。

子どもたちとの触れ合いを楽しんでいます。インフルエンザなんか溶けてしまえばいいのに!

しかし、発表会後に待っている5歳児きりん組の雪あそびの雪は、まだまだそのままで・・・と心中複雑です。

  

 

2019/02/04 忍び寄るインフルの影・・

 日本全土でインフルエンザが統計史上、最大の拡大を見せているようです。 でもねぇ、先週までうちの園では、ほとんど感染した子どもがいなかったんですよ。 2,3人かな? 実は、今年の冬から次亜塩素酸水を噴霧する機器を教室に入れてまして、私、密かに「効果絶大ちゃうん!!」と思っていたんです。でも、休み明けの今日。インフルになったという電話が朝から数件ありました。まぁ、冷静に考えれば、この機器で完全にインフルが防げるなら、こんなに感染が日本中で広がる訳もなく、当たり前のことなんですが。それでも例年の拡大に比べると園内でのインフルの発症はかなり少ないので、何と言いますか・・「信じる者は救われる~」って感じでしょうか? 今週末には発表会があります。 どうか、子ども達に感染が広がらないことを祈るばかりです。

2019/02/01 エキスパート!

 昨日、発表会の予行演習が終わり、なんとなく園は一服状態です。 さらに今日は誕生日会。誕生日会の夕方には鬼が現れ、節分の行事を行います。 鬼に変装した先生が各クラスをまわり、手作りのマメ(ほとんどが新聞紙製です)をぶつけられます。 この鬼役は毎年、もっとも鬼にふさわしい先生が変装することになっており、今年の担当は2年連続の選抜という栄冠を手にしています。私の予想では、来年も再来年も選抜され、鬼変装のエキスパートとして一時代を築き上げそうです。〇〇先生! この鬼の役だけは、誰にも譲らず鬼=〇〇先生!と地域にも認められる存在となってください!!