本文へ移動

園の動物たち

さくらいこども園ではたくさんの生き物を飼育し、小さな動物園のようです。
2歳児のクラスからその年齢に応じてお世話をしています。

シェトランドポニー(H11年5月20日生まれ)

名前は「さくら」と言います。平成14年に北海道からやってきた女の子です。
とてもおとなしく、園児はもちろん地域の子ども達にも大人気です。年長児が毎朝お世話をしています。お誕生日にはさくらに乗った写真をプレゼントしています。

トカラヤギ(雑種)

女の子で名前はサツキとメイと言います。4歳児クラスがお世話をしています。

ウサギ

3歳児クラスがお世話をしています。オスとメスを分けて飼っています。

モルモット

2歳児のクラスがお世話をしています。オスとメスを分けて飼っています。

アヒル

名前はガーコです。19年生きた初代を引き継ぎ2代目です。少し臆病なところがあります。

オカメインコ

セキセイインコ

ヨウム

アフリカ原産のオウムです。もの覚えがとても良く、いろいろな言葉や音をまねします。

グリーンイグアナ

19年生きた初代にかわり2代目です。大きくなると100㎝を超えます。野菜や果物を食べます。

アズマヒキガエル

平成28年、きりん組が山登りに行ったときに見つけてきました。そのころは体長3.4㎝でしたが今では10㎝と大きく成長しました。
事務所にいます。

イシガメ

平成22年に子どもと登山中に見つけました。なにかの動物に襲われたようで前足のツメがありません。

錦鯉

地域の川の魚たち

タモロコ、オイカワ、カワムツなど10種類の魚が泳いでいます。

オヤニラミ

日本の川魚です。相談室にいます。
TOPへ戻る